プロミス キャッシング 申込

プロミスのキャッシング申し込み

お金借りたいと思ったとき、まず思い浮かべるのがプロミスのキャッシング申し込みですよね・・・

 

プロミスでキャッシング借入れ申し込みは誰でもできますか?

プロミスは超大手の有名な消費者金融です。
プロミスのキャッシング申し込みは誰でも安心して出来るのです。

 

プロミスのキャッシングを申し込みは誰でも気軽に出来ますが利用には当然条件があります。

 

プロミスの主な利用条件を知りたいです!

プロミスの利用条件は年齢が満20歳以上から69歳までの、安定した収入を得ている人であることが条件です。

 

いくら有名な消費者金融でも、借入額と返済のバランスを十分検討して貸し出すのは当然のことですよね!

 

安定した収入を得ている普通の融資希望者に貸し出しているから大手で安心できるといえるのでしょう。

 

キャッシングの申込みをする方は、大手会社員やOLなど多彩な方々が利用されているのです。

 

プロミスにおけるキャッシング借入方法の申し込み方のメリットとデメリット

 

プロミスにおけるキャッシング借入方法はインターネット、無人契約機、店舗、郵送など、様々な方法で申し込みをすることができます。

 

プロミスにおけるキャッシング借入方法で、それぞれの申し込み方法のメリットとデメリットについてご紹介したいと思います。

 

まず、郵送にてプロミスのキャッシングに申し込みをするメリットとデメリットについてです。

 

メリットは、自宅にいながら簡単に申し込みをすることができるという点です。

 

また、パソコンやスマホの操作が苦手、プロミスのホームページにアクセスしたけどよくわからないという方には郵送の申し込み方法をおすすめします。

 

デメリットは、郵送で申し込みをすると時間がかかってしまうという点です。

 

郵送だと郵送して返送されるのにも時間がかかってしまうので、プロミスでキャッシングができるようになるまでに、かなりの時間がかかってしまうということです。

 

すぐにプロミスでキャッシングをしたという方にはあまりおすすめできない方法です。

 

もう1つのデメリットは、家族に内緒でキャッシングをしたいという方には、自宅にプロミスから郵送物が送られてきてしまうので、キャッシングしたことがばれてしまう可能性があるという点です

 

。さすがに、プロミスという名前が入った封筒で書類が届くということはないですが、万が一、家族に封筒をあけられてしまったら、キャッシングしたことがばれてしまうかもしれません。

 

そのようなリスクが郵送申し込みにはあると理解しておきましょう。

 

次に無人契約機で申し込みをした際のメリットとデメリットです。

 

メリットは、その場でキャッシングカードを発行してもらうことができるので、すぐに現金を引き出すことができるという点です。

 

最短最速でお金が必要という方には、無人契約機での申し込みをおすすめします。

 

デメリットは、誰に見られているか分からないという点です。

 

無人契約機に入ったり出て行ったりするところを、会社の同僚や上司に見られてしまったら、これは大問題になってしまうことでしょう。会社で悪い噂が広がってしまい、人が離れていってしまうかもしれません。

 

最悪の場合、それが原因で出世ができなくなってしまうかもしれません。

 

店舗で申し込みをする場合でも、同じようなリスクがあります。

 

店舗でも審査に受かれば、すぐにキャッシングをすることができますが、店舗に出はいりするところを同僚や上司に見られてしまう危険性はゼロではないからです。

 

最後に、インターネットで申し込みをする場合のメリットとデメリットです。

 

インターネットで申し込みをする場合はかなりメリットが多いと思います。

 

まず、家族にも会社の人達にも絶対に知られることなくキャッシングをすることができるという点です。

 

キャッシングをしていることが誰にも知られたくないという方はインターネットを使って申し込みをしているようです。

 

審査も簡単でスピーディに振り込んでもらうこともできるのでおすすめです。デメリットは1つもないと思います。

 

プロミスのキャッシング申し込みからキャッシングを申し込む際の審査基準など役立つ情報

 

消費者金融として知名度の高いプロミスは、現在ではSMBCコンシューマーファイナンスのサービスブランド プロミスです。

 

正式な名称はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社といい、三井住友フィナンシャルグループのグループ会社
として高い信頼性を元に積極的な融資事業を展開しています。

 

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスと言うこともあり、自社の自動契約機やATMの他に三井住友銀行のローン契約機を使用することも可能ですので、サービス面や利便性の部分でも向上しています。

 

プロミスの利用条件は年齢が満20歳以上から69歳までの、安定した収入を得ている人であることが条件となっています。
職業や年収によって借入できないということはなく、アルバイトやパート、主婦や学生の方であっても安定した収入を得ていれば借入が可能です。

 

申し込みをするときには住所や電話番号を記入することが必要になりますので、居住地がなければ借入はできません。
申し込みを行うときには運転免許証や健康保険証、パスポート、外国籍の人の場合には在留カードや特別永住者証明書の提出が必要になります。

 

プロミスの審査は申し込み者を属性に分類してスコアを付ける方式を使って、融資が可能かどうかを確認しています。
独自のコンピューターによって機械的に審査の結果を導きだしていますので、短い時間の中で審査の判断を出すことが可能です。

 

審査では勤務先の情報や勤続年収、年収や年齢などが大切な要素になってきますが、その他にも過去のカードローンなどの借入履歴や、債務整理や自己破産などを起こしていないかという点や、他の消費者金融業者からの借入状況などについても大きな審査基準となっているようです。

 

プロミスの審査では、50万円以下の少額融資を希望したときや、他の金融業者からの借入金額との合計額が100万円を超えない場合であれば、収入証明書を提出しなくて借入ができますので、少額融資を受けるときは手続きが楽になります。